社長あいさつ

弊社は封筒を作り続けて59年になります。創業者である「父」からはものづくりの「魂」を、二代目の「長兄」からはお得意様を大切にする「誠実さ」を受け継ぎ、切磋琢磨し社業発展に尽力してまいります。

封筒は広くコミュニケーションの手段として様々に利用されております。それは、日本文化の書状の表書きから、現代の郵便物まで、素材に応じて変化してきました。天然素材である「紙」は古来より身近に利用され、現代でもその用途は多方面に亘ります。限られた地球資源をいかに大切に共有していくか、資源リサイクルを大切に考え、「紙」の持つ特性を生かした別注品作りをこれからも創造し続けたいと思います。

私たちは、目まぐるしく移り変わる現代において、社会の中で、生活の中で、より身近で「使いやすい封筒」を目指し、日々その実現に向け情報を発信し続けてまいります。

宜しくお引き立て賜りますよう御願い申し上げます。

2016年11月吉日
川越製袋株式会社 代表取締役
川越 良

会社概要

創業 昭和32年(1957年)
設立 昭和35年(1960年)
代表取締役 川越 良
資本金 2900万円
従業員数 29人
所在地 〒001-0932

札幌市北区新川
西2条
1丁目3番8号

→地図はこちら
TEL (011) 764-0088
FAX (011) 764-0038
お問い合わせ先 info@kawagoeseitai.co.jp

沿革

昭和32年4月 札幌市中央区で創業。(代表 川越 義勝)
昭和37年4月 有限会社 川越製袋所として法人登記。
昭和63年8月 札幌市西区に移転。
平成元年8月 川越 仁 代表取締役就任。
平成12年5月 プリンター対応薬袋製造機導入。
平成16年8月 現在地に移転・新工場完成。
平成17年3月 「プリンター対応封筒製造工程における接着剤塗布検出システム」が北海道産業局の中小企業・ベンチャー挑戦支援事業(実用化研究開発事業)に採択。当社プロジェクトは番号23
平成17年7月 接着剤塗布検出システムが完成。
平成18年1月 北海道新技術・新製品開発賞「奨励賞」受賞。
平成19年10月 日本印刷産業連合会の認定により環境対応工場としてグリーンプリンティング取得。
平成19年11月 札幌市優良工場に選定される。
平成20年3月 日本印刷産業連合の認定によりプライバシーマークを更新:認定番号第24000050(2)
平成20年3月 札幌市の人材育成プログラム制度で助成金を受ける。
平成20年11月 品質月間に参加。
平成25年6月 ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援事業に採択されました。
平成27年7月 中小機構より1年間、専門家派遣による工場改善の研修を受ける。
平成28年9月 グリーンプリンティングマーク更新。